2010/07/21

大阪にて  気持ちの良い場所



2010/07/20

iPad しばらく使用してみての感想。

起動は一瞬なのでネットを軽く閲覧したり、何か急いで調べる事があるとき等の用途には最適な機器だと思う。
またフォトストレージとしての使用感もなかなか良い感じだ。

ただ、Flashが表示されないのが僕には大問題だ。 大体、当サイトの写真スライドが表示されないし、Flashを使用しているサイトはとても多い。 小さい画面のiPhoneなら諦めもつくが、これだけ大きい画面で表示されない部分があると、本当にがっかりする。 そういうわけでiPhoneは買ってよかったがiPadは買わなくてもよかったかも。



2010/06/11

神戸にて 気持ちの良い場所



2010/05/15

近い将来に対する不安感とか



2010/5/15

JBL On Tour (ポータブルスピーカー) ネットラジオで洋楽聴き放題。



Happy new year
2010/1/20

写りすぎないところが好き。



2010/1/2

インターネットラジオ受信装置>仕事資料>地図>辞書>カメラ>電話



2009/07/04

 電池の消耗が激しいので充電用リチウムイオン電池を購入。 約2回満充電できる(速度も速い) 。



2009/07/04

iPhone 3Gs 

 手放せない。 iPhone×camerakit


2008/12/14

 神戸 ルミナリエ (sigma 24mmF1.8)



2008/11/18

 京都府立植物園 (CASIO EX-s20)

 一瞬の晴れ間。



2008/7/25

 Shadow (Sigma12-24mm)

 昼間は暑くて無理。 夕方から出動。



2008/7/23

 猪名川運動公園 (W41CA au携帯)

 放課後な気分



 
2008/6/20

 BMX(今は無き)  (CASIO QV-10)

 化石燃料を使わない乗り物のことが、気になってしょうがない。 シンプルな形のロードバイクとか。

自転車は歩いている人の5倍、自動車の5.5倍も、エネルギー効率が良い乗り物だそうだ。



2007/4/6

 Tennoji zoo (FUJIFILM Finepix Z5fd)

  レンズも端の方までしっかり描写しているし、レスポンスも良好、縦横比3:2の設定で撮影した場合短辺トリミングせず長辺が拡がっている。 大きく引き延ばさないなら、高感度撮影もISO800くらいまでは許容範囲。 レンズが伸びない小さなポケットカメラ、気に入った。



2008/3/8

 最近の小型デジタルカメラって、被写界深度が深いこともあって画面全体にピントがきてて、しかもカリカリに写りすぎてて目が痛い。もっとフィルムライクな写りのデジタルカメラが欲しい。
FUJIFILMのNATURA みたいな写りが好みで欲しかったりするけれど、フィルムはランニングコストが高いしね…

SIGMA DP-1  このカメラが今気になってる。



2007/10/9

 海中ハウス 「ガラテ」   大阪南港

1977年に海面下で4人が1ヶ月生活したらしい。



2007/7/10

 日本海 凪 霧



2007/4/14

 会社帰りにTUTAYA(レンタルCD、DVD、本屋)に寄ると帰宅時間が大幅に遅くなる。
新譜以外のCD全部視聴できるなんて…知らなかった…。



2007/4/14

 花粉症なのか風邪なのか判別不可能。



2007/2/28

 三日月 (CASIO Exilim EX-S20)



2007/1/18

 空港の近所 (CASIO Exilim EX-S20)

 

2006/12/20

 神戸ルミナリエ (SIGMA12-24mm)



2006/11/30

  山が綺麗 。 (EF50mm/F1.8)

 EOS5Dが欲しい。 

  しかしカメラに35万円って…価格的には35mmフィルムカメラ時代のプロ機材クラス以上やね。
自分の価値感覚では 自動車200万円 液晶テレビ20万円 自転車8万円 一眼レフカメラボディー12万円
コンパクトデジタルカメラ4万円 
これは買えるかどうかはともかく、それを買うのに出してもいいと思える上限金額。

 当分買えそうにないな〜 。



2006/10/20

 タイヤ新調  (Pentax Optio Wpi)



2006/8/22

 水がたまると巨大なバケツがひっくり返って、大量の水が降り注ぐ遊具。  (Pentax Optio Wpi)
暑いときはプールが気持ちいい。


flickrのみ更新。



2006/8/1

 サントリー山崎蒸溜所   (SIGMA 30mm/F1.4)



2006/7/24

 連日雨天  (EF35mm/F2)



 
2006/4/27

 いつの間にか 春になってるし



2006/2/10

 太陽の塔 の背中  過去の顔   (SIGMA 12-24mm)



2006/2/5

 茨木市 鮎川近く  (CASIO Exilim EX-S20)



2006/1/10

  伊丹市 軍行橋

あけましておめでとうございます。   (CASIO Exilim EX-S20)



2005/11/26

 山陽電鉄 林崎松江海岸 



2005/8/20

 自宅の窓から見えた空。 (EF70-200mm/F4)



2005/8/12

 日本海の小さな海水浴場に行ってきた。
夏休みの3日間はあっという間に過ぎ去ってしまった…

 この海水浴場は知名度が極めて低く、驚くほど空いていたのに
雑誌に紹介されるようになってから、結構人が増えてしまった。 ちょっと残念。   (CASIO Exilim EX-S20)



2005/6/13

 横に伸びる虹(彩雲or水平環 雲が孤立してないので水平環かな…)

 1ヶ月前、琵琶湖上空にて。 



2005/5/24

 高度7800メートル

 空から下に見える空 っていうか雲。
乗り慣れてないので非日常的な光景が広がる窓から目が離せない。 まるで子供だ…。



2005/5/13

 宝探し 。

 ガーネットを探しに奧琵琶湖に行って来た。

ところでコレ(緑色)ペリドットですか?



2005/5/7

  5/2夕方の空

 全然別の場所で同じ空を見上げてる人がいてたりする。



2005/4/7

 電車通勤は久しぶりだ。 

 転勤で車通勤→電車通勤になった。
自宅からの距離はあまり変わらないのに、通勤時間は倍以上になった(1.5h)。

なんだか忙しい… けどこの日は早く帰ることにした。
写真はJRの快速の窓から見た4/4の夕方の空。  いい感じ。



2005/3/27

  とうとう花粉症になってしまった。

 以前からほこりアレルギーで、部屋の掃除なんかするとくしゃみと鼻水が止まらず、えらいことになったりしていたがそれと全く同じ症状。  仕事にならない。

写真は花粉症とは全く関係無いが、好きな場所のひとつ。



2004/12/21

 軍艦アパート(下寺住宅)の青空。

築70年、戦火にも焼け落ちなかった堅牢な鉄筋コンクリート建築物だったが、老朽化が激しく数年の内に解体されてしまうらしい。 
子供の頃過ごした「むかし」の肌触りがして不思議と心地よい場所だった。



2004/10/31

  離着陸する飛行機を見るのが好きだったので、子供の頃は、よく自転車で大阪空港に遊びに行っていた。

空港周辺は周りに高い建物がないので、空が広く見渡せて気持ちがいい。
特に快晴の日、太陽が沈んだ後のマジックアワーには、幻想的なグラデーションに空一面が染まりすごく綺麗だ。




LOMO LC-A
2004/8/3

 鳥取砂丘に行った。

ここを訪れたのは子供の頃に行ったのを数えると、たぶん4回目になる。
今までは、暑くって海まで遠くって砂が柔らかくって、歩くのが大変な所ってイメージしかなかったけれど、写真を撮るようになって改めて訪れてみると、そのイメージは「雄大で砂の感触が優しくとても素敵な場所」に変わってた。 不思議だ…。

DUNEというタイトルでphotoページにアップしてある写真がその時の写真。
使用カメラ、レンズは オリンパスOM-2+コシナ20mm/f3.8 キヤノンD30+シグマ24mm/f1.8(35mmフィルム換算38mm)。

また行きたいな。



 
2004/6/21

 家の車の車検を通しに陸運局に行ってきた。

おりしも大阪は台風に見舞われ暴風雨。
持っていた傘も裏返る勢いの風で傘の骨が折れてしまい服もびしょびしょになってしまった。
写真は検査ライン内。



2004/4/10

 Canon DIAL35 入手した。
1963年式のハーフサイズカメラ。 とても40年も前のカメラとは思えないデザインだ。
本来はマニュアルフォーカス、露出はオートのカメラだけど、この個体は電気周りが壊れていてオートでの撮影ができない。 しかしこのカメラは絞りもシャッタースピードもマニュアル設定できるので自分で露出を合わせてやれば写真を撮ることができる。

カメラの下に付いている丸い部分はゼンマイを巻き上げるノブ。
このカメラはバネの力でフィルムを巻き上げる、いわばワインダー内蔵カメラなのでゼンマイをフルに巻いておけば、約20枚ほどシャッターを押したり離したりするだけで連続して撮影ができる。(カタログには秒間3コマって書いてあったと思う) 

ハーフサイズカメラは通常の倍のコマ数が撮影できるので36枚撮りのフィルムだと72枚撮影できる。 近所の0円プリントを利用すれば税込み525円で72枚もプリントしてもらえる。
究極のエコカメラ(除くデジタル)かも。

写りが楽しみだ。 (なかなか撮り終わらないなー72枚もあると…)



2004/2/23

 photo galleryをリニューアルをするにあたって写真のサイズも全て変更することにした。
言うのは簡単だがこれがとてつもない大仕事となってしまった。

何故かと言うと、HPに載せるために選択した写真はサイズもファイル名も変更した物しか無く、サイズ変更する前の元データーは全て日付と撮影機材で分けたフォルダーの中で、しかもその容量は4.7GBのDVD約4枚分にもなる。
その中から再び同じ写真を選び出さなくてはならない。

さらに一枚一枚サイズ変更と圧縮率を各写真に応じて最適(jpgノイズが出ないぎりぎりのサイズ)にして保存するといった気の遠くなるような作業にかかった時間は、たぶん7時間くらいだろうか。

頭がくらくらするような仕事? だったけれど以前は選ばれずにボツとなった写真もあらためて見てみるとかなりよく見えたりして、発掘作業みたいな感じで結構楽しめたのも事実で、それらの発掘された写真も今回所々に混ぜてみた。

これからはこれに懲りてUPした写真の元データーは分けて管理することにします。
申し訳ありませんでした>自分




D30 tamron90mm
2003/9/13

 9/9 18:00頃に大阪空港から撮った積乱雲です。
ここまで発達することは珍しく、この雲の事はニュースでも取り上げられていた。

雲の内部ではビカビカ稲妻が光り、雲の下(奈良県)では大雨になっている。
雲の上端は成層圏まで達しているらしい。





F77(夜景モード)

F77
2003/9/9

 次第に地球から離れていっている火星を見る為に、数年ぶりに自分より年上の天体望遠鏡を出してみた。
火星は豆粒くらいの大きさにしかみえなかったけれど、極の氷(火星は空気がほとんど二酸化炭素だからドライアイスか)が白く見える。
月も隣に出ていたので見てみると、こっちはでっかい!クレーターも見える。

火星には2つの月があるけれど、そちらは地球の月と異なり、かなり小さい(しかも丸くない)のでこの望遠鏡では確認できなかった。 

望遠鏡の上に大きく光っているのが月でその左側にある小さな光が火星。
月の写真は望遠鏡の接眼レンズに F77(SONY)のレンズを押し当てて撮影。