↑クリックで作例が見られます
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG DG ASPHERICAL HSM


D30で使用した場合 約19-38mm相当のズームレンズになる。

HSMとあるのはAF(オートフォーカス)超音波モーター仕様のことで、スッと音もなくピントが合い、さらにそのままMFも可能。

◎歪曲が極めてよく補正されていて直線が曲がらず真っ直ぐ写る。 へたな単焦点レンズ以上に素晴らしい出来映え。  

○AFのスピードが速い音も極めて静か。

×超広角レンズはどれも似たり寄ったりだがAFが合ってない場合がある。

超広角レンズは被写界深度(ピントが合って見える範囲)が広いので (例えば21mmの場合MFで絞りをF8に合わせておけば約0.8M〜無限遠までピントが合ってみえる筈) AFが合わないかもと思ったときはMFでパンフォーカスになるよう設定するのがお勧め。