光の教会 安藤忠雄の現場 

光の教会(茨木春日丘教会)建築のスタートからゴールまでを詳細に綴ったノンフィクション。
教会建築に携わった人々の織りなす状況はまるでドラマのようで小説を読んでいるようだ。

光の教会や他の安藤忠雄の建築物を見に行った事がある、又は行く予定がある方に是非読んでもらいたい1冊だ。 きっと安藤建築がもっと好きになると思う。

「都会の中でも切り取られた空は自分だけの空や」 Tadao Ando

実際に行って見ると、普通の住宅街の中にあって教会の敷地だけは別世界だった。 自分だけの空を見にいってみてください。


光の教会―安藤忠雄の現場
 アマゾンで1900円で買いました。