兵庫県立美術館


美術館そのものが、コンクリート打ちっ放しの建築物でお馴染みの安藤忠雄氏の作品。

地下にある駐車場から施設内へと続く回廊に一歩足を踏み入れただけで言葉では言い表せない感覚に包まれる。 あえて言葉にすると自分の好きな写真や絵などの作品の中に入り込む感覚かも。

自分が訪れた時にはアンリ カルティエ=ブレッソンの写真展が開催されており一粒で二度おいしい体験をさせてもらった。
どこを撮っても絵になる場所だ。

他に関西で安藤忠雄氏の作品で有名所は天保山のサントリーミュージアムや淡路島の夢舞台などがある。