CANON G1

後継機種のG2が発売されていたにもかかわらず 撮れる写真の、解像感が高いと噂のG1をあえて購入。 

○ 噂通りかなり高解像度な写りで最初プリントしたときは大喜びしてしまった。

○ 購入当時、電池のもちも驚異的でモニター使用で何枚撮っても電池マークが点かないので正直驚いた。

○ 3倍ズームにもかかわらず F値(レンズの明るさ)がf2-2.5で他に無い明るいレンズを搭載している。(このCANON製のレンズはカシオやソニーのデジタルカメラにも使われていた) 

× 起動時間がかなり長く、一枚目が撮れるのは電源をいれてから7秒後くらいかかる。

× iso50はノイズが無いが、iso100以上に感度を上げるとノイズがかなり出てくる。

× 発色に癖があり 特に肌色が妙に不健康な色になる。

× ズームレンズの宿命でもある歪曲収差(直線が樽型などにひずむ)が強く画面端に電信柱などの直線の物体がはいると曲がっているように写ってしまう。


写りは良いけれど 発色が問題な上に起動時間が遅すぎるのに嫌気がさし、悩みながらも手放した。